楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地域経営に必要な“地元版”を 世界水準のDMO検討会5

先月28日に第6回「世界水準のDMOのあり方に関する検討会(以下、検討会)」が開催されました。

検討会としては今年度中に中間報告のとりまとめを求められていることもあり、6日の第5回に引き続き、同月中に二度も開催されました。他省庁の審議会や検討会の委員を拝命している私にとっても初めての経験です。

当日は朝一番のフライトで石垣から那覇乗り換えで羽田へ戻ったものの、どうしても乗り継ぎが悪く、検討会の開始時間に間に合いませんでしたが、各委員の主要な発言を聞くことはできました。

検討会の終盤になり、某委員から「DMO・自治体をはじめ地域の関係者全体の役割分担および取り組み内容を、地域側で考えることは難しく、国から示した方が前には進みやすいのではないか」という意見が出ました。

DMOが何のための体制であり、何をしていいのかまったく理解していない地域に対しては、国の方ですべてを決めた方が効率的です。ただし、この方法では地方の依存体質と思考停止状態を放置することになり、これまでと何も変わりません…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2019年3月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ