楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

バリアフリー化で経営安定 なにわ一水

高齢化率が約3割に迫る今、新たな旅行市場として注目されているのがユニバーサルツーリズムである。その規模は、総務省や日本観光振興協会などのデータを基にした山陰経済経営研究所の推計によると、潜在需要(旅行を諦めている65歳以上のユニバーサルツーリズムの対象者)を含めて、2010年で約3兆300億円、20年には約3兆9千億円となり、国内市場の約4割を占めるという。

こうした背景を的確に見抜き、バリアフリー化を進め、顧客満足と従業員満足を実現し、安定経営にこぎつけたのが、松江しんじ湖温泉の旅館「なにわ一水」(島根県松江市)だ。創業100年の老舗で、地上5階建て25室。料理屋も営業しており、従業員は合わせて約60人。

今から13年前、旅行ニーズが団体客から個人客に移行しつつある中、高品質高単価客室を目指し4階客室を改装。その際、次の時代はバリアフリー化という設計士の提案を受け入れたのが始まりだった。スロープをつけ、段差をなくし、ドアの幅を広くする程度であったが、プランを造成し、販売を開始したところ、これが結構売れた。代表取締役社長の勝谷有史氏は次のように話す。

「できるところからバリアフリー化を進めました。4階に次いで3階、2階と整備し、現在2室のバリアフリー客室があります。これらを分析すると、まず1室に入る人数が多いです。介添えの人が平均して1―2人は同行してくる。当館は1室当たり2.2人から2.3人。その客室だけ3人に近い。だから多少1人の単価を下げても1室の売上は高い。予約も100日以上前から発生するし、キャンセルも少ない。早い時期から計画されているのでしょうね。リピーターになられる方も多いです」…

(井村日登美=ホテルジャーナリスト)

(トラベルニュースat 2019年1月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ