楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「第三の男」で有名な大観覧車

10月初めにウィーンに1週間ほど行ってきた。

趣味のミステリ関係の集まりに出席してきたのだが、何といってもお楽しみは映画「第三の男」のシネマツーリズム。僕にとってのウィーンは永遠に共同墓地(ラストシーン)と地下水道、そして何といっても観覧車なのである。

アメリカ作家のコットンは旧友のウエルズに招かれてウィーンを訪れる。着いたその日、コットンは旧友が交通事故で死んだことを知らされる。不審に思った彼は真相を調べ始める。そこに浮かび上がってきたのは、一人の男の孤独な影だった。

全編、ローキー(ちょっと沈んだ)のモノクロ画面で、光だけが目立つ映像美、ツィターの心をかき乱すメロディ、そして混乱の時代を生き抜く男女の人物像など、スリラーでありながら、香気漂う、格調のある名画だろう…

(松坂健=跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2017年11月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ