楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「全国高等学校野球選手権大会」 史上初を目撃して大興奮!

この8月12日という一日ほど我ながら観客力があるなあ、と自画自賛したくなる日はなかった。

この日、夏の甲子園、第4試合に慶応義塾高校が出場するのだった。僕自身は塾高出身ではないが、息子と甥っ子が卒業生でもあり、ミーハー気分が生まれてしまったのだ。今年は100回記念大会で出場校が増え、ふだんは1枠しかない神奈川県大会が北と南の2枠になって、やっとこさ北神奈川で勝ち残って甲子園まで来られた。ここは横浜、東海大相模、強豪校ばかりで、来年からはまた予選敗退が続くだろう。甲子園に行くならここしかない、というタイミングだった。

ちなみに、僕は甲子園は未体験。本当は初戦に行きたかったが、用事と重なり断念。そうしたら、サヨナラゲームで第2戦に駒を進めた。やはり、行くしかない。

当面泊まり先も決めず、新幹線に飛び乗ったのだが、1時間ほどして関西の友人から、第4試合の切符売り切れの報が入った。ここでがっかりしてはいけない。外野席の入れ替えもあるだろうし、ともかく行ってみよう。だめだったら、京阪神の古本屋さんまわりと旧友に会えればそれでいいや、と開き直る…

(松坂健=跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2018年8月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花が呼び込む春−地域華やぐ旅の旬

まもなく3月、四季があるありがたさを感じる春がくる。野山を、まちなかを花々が艶やかに包むと旅へ...

地域文化に浸る艶やか雛祭り紀行

桃の節句の艶やかさは、子どもだけでなく大人の心、そして地域全体にも春の明かりを灯す。日本固有...

いだてんヒーローのふるさと“ランナーの聖地”へ

平成から新時代へと切り替わる歴史的な年に、NHKが送り出した大河ドラマは「いだてん―東京オリ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ