楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「勝海舟の会・板橋宿ウォーク」 たった2.4キロを4時間かけて歩く楽しみ

友人からの勧めもあって、「勝海舟の会」に入会した。昨年、司馬さんの作品の長短編のすべてを読んで(本当だよ)、『司馬遼太郎全作品徹底ガイド』という本を書いたほどだから、案外、歴史好みだし、幕末維新はとくにストライクゾーンだ。今から44年前、新婚旅行先に幕末維新の跡をたどるコースというのをやって、鹿児島私学館の塀に残った西南戦争の銃撃戦での弾痕など見て喜び、カミさんからあきれられたほどだ。

ということで、仕事も定年になったし、仲間も増やしたい魂胆もあって、この会に参加した次第だ。

もとより、勝海舟は江戸っ子だし、下町育ちの僕にはべらんめえな性格が肌にあう。ちなみに、僕が住んでいた浅草花川戸という土地の地回りの親分さんが桶田さんといって、海舟が信頼していた新門辰五郎の2番目か3番目かの配下のおうち、という因縁も。

年に3、4回、海舟の足跡をたどって散策するイベントが活動の主たる中身で、この3月10日は海舟と同じ幕臣で、行き来が多少はあったはずの新選組近藤勇の最期の地、板橋を歩くツアーだった…

(松坂健=跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2019年3月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
京都丹後で麒麟と冬の味覚に出会う

来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公・明智光秀の娘、玉(のちの細川ガラシャ)ゆ...

巡礼の聖地和歌山県のパワー感じて

「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録15周年を迎えた和歌山県。“巡礼の聖地”としてこ...

海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ