楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「リーマン・トリロジー」 アメリカ金融資本主義の興亡を「詩劇」で表現

最近はブロードウェイの芝居でも歌舞伎でも、実際の舞台を映画に撮って、それを後悔するシアターライブというジャンルが生まれている。

たった一回こっきりの演劇に、再現性を与えようという試みだが、本物の演劇体験とは違うものの、台本や演出の素晴らしさ、名優たちの激突ぶりを見られるとなれば、「やっぱ、ライブで見なきゃ」などと気取っているより、足を運ぶほうがいいと気付かされたのが、TOHOシネマズなどで限定公開された『リーマン・トリロジー』だった。

これはもともとイタリアの放送劇用に書きおろされた詩劇というべきもので、2008年に世界を揺るがせたリーマンブラザース社の創業(19世紀中庸)から破たんまでの150年間をリーマン家三代の経営者の告白で綴っていくというものだ。

出てくる俳優はたった3人。それが入れ代わり立ち代わり、リーマン家の当主を演じ、他の2人はその時々の登場人物たちを声色くらいを変えるだけで演じて見せる。

舞台美術は一杯。オフィスに見立てた空間の背後が中西部の町(19世紀)になったり、シカゴになったり、ニューヨークの摩天楼になったりするだけだ。

これで、上演時間実に221分(2度の休憩含む)。

これだけの長さなのに、緊張感が一瞬たりとてゆるむことなく…

(松坂健=元跡見学園女子大学観光コミュニティ学部教授)

(トラベルニュースat 2020年3月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ