楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アフターコロナ ワクチン・検査PKGが不可欠に

2021年11月末に南アフリカから発生したCOVID−19の変異ウイルスであるオミクロン株が再び世界を席巻しています。日本政府は先月上旬から入国時における水際対策の規制の一部を緩和していましたが、オミクロン株の急速な感染拡大の影響を受け、12月から再び鎖国状態に戻しています。

このような状況の中、12月8日に国土交通省の交通政策審議会観光分科会が開催されました。議題として「観光立国推進基本計画」の改訂が検討され、観光庁からは「観光政策の現状と今後の取り組み(考え方)が発表されました。

特に注目したいのは「国内交流の回復・新たな交流市場の開拓」では、「観光需要の喚起(ワクチン・検査パッケージを活用し、Go Toトラベル再開、地域観光事業支援の近隣圏域への拡大)」と「新たな交流市場の開拓(ワーケーション、第2のふるさとづくり【何度も地域に通う旅、帰る旅等】)が明確に示されたことです。

今後、アフターコロナの旅行では「ワクチン・検査パッケージ」が必要不可欠なものになります。すでに20日からは「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」のダウンロードと自治体での電子発行が可能になりました。また、観光庁が「ワーケーション」と今年度唯一の新規事業でもある「第2のふるさとづくり」を二大市場開拓事業としたことで、観光地としてはこの2つのテーマに合わせた受入整備を重点的に行う地域も増えそうです。

ところで、多くの観光関連事業者が待ち望んでいるGo Toトラベルの再開に関してですが…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2022年1月1日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。20年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ