楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

23年2月25日号 トラベルニュースat本紙

23年2月25日号トラベルニュースat本紙

観光業界復興の狼煙 全旅連青年部、初の「宿フェス」に3万人来場

全国旅館生活衛生同業組合連合会青年部(全旅連青年部、星永重部長=福島県・藤龍館)は2月7―8日の2日間、東京都江東区の東京ビッグサイトで旅のイベント「宿フェス―宿観光旅博覧会」を開催した。青年部が同フェスを開くのは今回が初めてで、全国47都道府県がブースを出展したほかトークライブや音楽ライブ、旅館甲子園などを行い、約3万人が参加した。オープニングセレモニーには菅義偉前首相が来賓として出席。「宿フェスが国の観光復活の起爆剤になってほしい」と青年部の活動にエールを送った。

和歌山特集「和歌山県は2025年まで観光ダイヤモンドイヤー

今年迎える聖地・高野山ゆかりの弘法大師生誕1250年、2024年の世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」登録20周年、そして25年に大阪・関西万博と3年にわたり大きな話題が相次ぐ和歌山県。県ではこの3年間を「ダイヤモンドイヤー」と位置づけ、キャンペーンをはじめ観光振興策を続々投入。千載一遇のビッグチャンスを生かし、コロナ禍からの反転攻勢へ燃える和歌山県が新時代の観光を提案する。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。19年版発売中!

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。22年版発売中!

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ